住宅を手放すなら任意売却を利用するのが一番

住宅を手放すなら任意売却を利用するのが一番

部屋

競売を避けられる

大阪や岡山では、住宅ローンの滞納で住宅などの不動産物件を売却する場合、競売にかけられることが多いでしょう。競売の場合、強制的に住宅から退去させられます。そして、住宅の売却金も全て住宅ローンの返済に利用されるのです。住宅を売却するタイミングも裁判所が決めるため、融通は利きません。このようなトラブルを避けることができるのが、任意売却なのです。

マンション

自分のタイミングで売却

任意売却の場合、競売と違って住宅を売却するタイミングを決めることができます。強制退去を強いられることもないので、不安なく住宅を売却することが可能となるでしょう。一般的に無駄な重圧を受けることもないのです。また、任意売却の場合は市場価値と同じような価格で住宅を売却することもできます。任意売却の特徴は、ある程度自分の望むタイミングと価格で住宅が手放せることです。

部屋

プライバシーが守られる

住宅が競売にかけられてしまうと、裁判所の人間が住宅を見学にくるでしょう。その為、住宅ローンを滞納してしまっていることが近所の住民に知られてしまう恐れがあるのです。しかし、任意売却なら、通常の不動産売却と同じような手順で住宅を売ることができます。その為、近所の住民に住宅ローンの滞納を知られてしまうリスクを大幅に軽減することが可能なのです。

任意売却の流れ

レディ

無料で相談

まずは、専門業者に相談することから始めます。任意売却を希望している人がいれば、早速電話やメールで業者に連絡してみましょう。基本的に相談は無料で行っているので安心です。直接面談を行うこともあるでしょう。

現状の分析

基本的に任意売却をする場合は、現状の分析を行います。住宅の現状をしっかりと把握しておかなければ、きちんとした価格で売却することができなくなるのです。また、専門業者が住宅の現状に合わせて様々な提案をしてくれるでしょう。

債権者との交渉

専門業者が債権者との交渉を手伝ってくれます。また、利害関係との交渉もサポートしてくれるでしょう。また、交渉の状況は、専門業者がその都度報告してくれます。どのように話が進んでいるのか把握できるのです。

任意売却の完了

住宅の買主が現れた場合、交渉を行います。売買の交渉に成立し、債権者や利害関係者の合意を得ることができれば売買決済は完了となるのです。また、任意売却なら引越し費用や生活費用なども確保することができるでしょう。